ペット保険の保険見直し

最近、ペットは家族の一員であると考える人が多くなっています。
そこで、ペットにも保険を掛ける人が多くなりました。
ペットの保険は生命保険会社では扱っていません。
通常は損害保険会社か少額短期保険会社が扱っています。
生命保険は「保障」で損害保険は「補償}と言っています。
これは、内容が違うのです「保障」とは保護し守る事で、「補償」とは損失を補填する事なのです。
ペット保険の場合は治療に掛かった費用の50%~100%を補償する事になっているのです。

そして保険料の算出もペットの種類や年齢にも関係しています。
保険料計算は保険会社によって違いがありますが、犬の場合は大型小型の犬種の差と、年齢による差があります。
そして、犬種による平均寿命や年齢による死亡率が関係してきます。
保険会社により割引制度が利用できる会社もあります。
割引の種類は「多頭割引」ペットが複数いる場合、同じ保険会社に入ると保険料が割引かれます。
「インターネット割引」これはインターネットでの申込者に対する割引で、多くの人が利用しています。
「無事故割引」1年間保険の支払請求が無かった場合、翌年の保険料が割引かれる制度です。
「マイクロチップ割引」はペット保険特有の物で、マイクロチップの着装を推進している業界と保険会社がタイアップしている割引です。
動物病院でも勧めている場合があります。

ペットの保険見直しは年齢に関係しています。
保険会社の年齢毎の保険料をよく検討するのと、サービス内容の比較で、保険見直しをします。
保険会社を変えるのか、保険会社は変えずに、保険内容を変えるのか、よく検討してみましょう。